2008/3/29 土曜日

くりもと地球村

Filed under: コラム — admin @ 18:13:16

img_0734.jpgimg_0738.jpgimg_0731.jpg

春分も過ぎ、桜のたよりを耳にするようになった27日、天候にも恵まれ、千葉県香取市の栗源を訪ねる機会をいただきました。完全無農薬の有機循環農業をされている「くりもと地球村」には暖かな日差しときれいな空気と穏やかな静けさがあります。おしゃれなオーガニックピース館(写真左)には宿泊や研修施設、図書館などがあり、木のぬくもりと太陽の光に溢れていました。お昼に研修生の方々の手作り昼食(写真右)をいただきました。玄米ご飯、ほうれん草のお浸し、とれたての卵焼き、人参の煮物、大根のサラダ、具沢山の味噌汁などどれも噛締める程に味わい深く、食材の栄養プラス美味しい満足感で最高の健康食でした。

poster01.jpg190414_011.jpgimg_0736.jpg

1991年に代表の佐藤さん(写真左)が始められた「くりもと地球村」では野菜や穀物のかたらい宅配BOXや百姓塾、企業の研修やファームステイなどいろいろな人々の交流、循環があるそうです。仕事での疲れを癒したり、健康の回復や自分探しなどに訪れるとか。「土も草や微生物、虫、鳥などとの共生によって自然治癒し、養分豊富になって美味しい野菜ができるんですよ。」と佐藤さん。青い空、茶色の大地、緑の植物、黄色の菜の花(写真右)、白いもくれんなどそのままで絵になる風景の中、与えられたものへの感謝で満たされた時間でした。
佐藤さんのファームレターにある、生きた土と共に働く「ブラウンカラー」にこれから注目したいと思います。身体を使い汗を流すブルーカラーと頭を使い緻密な仕事をするホワイトカラーのどちらも併せ持つ、ブラウンカラーという命名がステキです。皆様にもおすすめしたい所でした。

2008/3/15 土曜日

クロサギ

Filed under: コラム — admin @ 23:04:41

tced36_l.jpgcast01.jpg001.jpg1006200_01.jpg

3月8日(土)、映画「クロサギ」が公開されました。コミックがドラマ化され、それが映画になりました。クロサギとは詐欺師をだます詐欺師。つまり、玄人をだますのでこう呼ぶそうです。クロサギがいれば「シロサギ」もいます。素人をだまし、金銭を巻き上げる詐欺です。「白」は素のままの色、何もない白紙、また、汚れのない潔白、そんな状態の人をだます詐欺と言う意味でしょうか?さらに「アカサギ」も出てきます。この詐欺は異性の心と身体を弄んでだましたり、結婚詐欺を指しているそうです。コトが成就したあと、してやったりとぺロリと赤い舌を出すことからアカサギと呼ばれるようです。映画には出てきませんが、驚くことに「アオサギ」もいるそうです。会社関係、書類関係、不動産関係を専門にした詐欺です。詐欺もカラフルになったものですが、こんなにいるなんて、哀しいことです。

kurosagi_2.jpg20080307075233.jpggrey_heron1.jpg

ところで本物の鷺は左からクロサギ、シロサギ、アオサギが実際にいます。コウノトリ目サギ科です。とてもたくさんの種類があるそうで、かわいい鳥です。こんなにきれいな鳥が詐欺と同じ呼び名とは。桂枝雀さんの「鷺とり」という噺があり、鷺の後ろから「さ~ぎ~」と呼び、呼び声をだんだん遠ざかっているように見せかけ、騙して捕まえるオチがあります。ペテン師は詐欺師と同意語で頭脳犯です。ペテンには知恵と言う意味があるそうですが詐欺の騙しには相手を陥れるものしかなく、罪深いものです。神様からいただいた脳力は幸せの為に使いたいですね。相手は騙せても、自分は騙せないことを心しましょう。

Copy right HIRO-HAPPY-COLOR,LTD. since 2004