2010/6/30 水曜日

覚園寺の紫陽花

Filed under: コラム — admin @ 23:11:18

s-IMG_2364 s-IMG_2366 s-IMG_2367 s-IMG_2372

梅雨真っ只中の蒸し暑い一日、鎌倉の駅は朝から観光客でいっぱいでした。紫陽花と言えば、明月院、極楽寺、長谷寺などですが、混んでいないところをと覚園寺に行きました。梅雨のこの時期、雨が降ると境内への案内が中止されるそうですが、運よく少し晴れ間が出たため、住職さんの説明を聴くことができました。
ここ薬師堂には薬師如来、日光菩薩,月光菩薩、十二神将が安置され「生きている者を救う」仏で、私たちを守って下さっているのだそうです。心強いです。
地蔵菩薩立像は別名「黒地蔵」と呼ばれ鎌倉二十四地蔵のひとつです。罪人の苦しみを少しでも和らげようと鬼に代わって火を炊いたため黒くすすけたという伝説があるそうです。何度彩色しても黒く戻るため、「黒地蔵」と呼ばれ、8月の「黒地蔵縁日」は夏の風物詩となっています。

s-IMG_2368 s-IMG_2371 s-IMG_2375 s-IMG_2373

境内は樹齢650年の槇の木やもみじの木などで覆われ、色とりどりの紫陽花が点在しています。自然の中でひんやりとした空気を感じ、暑さを忘れたひと時でした。

Copy right HIRO-HAPPY-COLOR,LTD. since 2004